Not only London. Here are some recommendation’s cities in UK.

みなさん!こんにちは~!ワールドトラベルジャーナリストのYUICHIRONYJPです。
イギリスの観光都市といえばどこを思い浮かべますか?真っ先にでてくるのが、ロンドンではないでしょうか?ロンドンと言えば、大英博物館やバッキンガム宮殿、アフターヌーンティー、ビックベンがあり、毎年多くの日本人が、観光先として選ぶ人気の観光都市の1つです。しかし、ロンドン以外でおすすめの都市はと聞かれると、なかなか名前がでてこない方も多いのではないでしょうか。そこで、ライターの私がイギリスを周遊してきて、ぜひおすすめしたい観光都市をまとめてみましたので、よければ参考にしてください。

Everyone! Hello ~! I’m YUICHIRONYJP , a world travel journalist.
What do you think of when you think of a tourist city in England? Isn’t London the first to come out? Speaking of London, there are the British Museum, Buckingham Palace, Afternoon Tea, and Big Ben, and it is one of the popular tourist cities that many Japanese choose as a tourist destination every year. However, when asked about recommended cities other than London, many people may not be able to come up with a name. So, as a writer, I traveled around England and summarized the tourist cities I would definitely recommend, so please refer to them if you like.

①イギリスでぜひおすすめしたい都市①『York』

まず、最初におすすめしたいのがYork。イングランド北部のノースヨークシャー州に位置し、人口は約20万人の長い歴史を持った町です。800年から1050年の間に活動していたヴァイキングにより支配されたという歴史的背景から、ヴァイキングにまつわる博物館や、エンターテイメントの他、世界でヒットを飛ばしたハリーポッターシリーズでお馴染みの、ダイアゴン横丁のモデルになったと言われる、シャンブルズ通り、イギリス最大のゴシック建築のヨーク・ミンスター、世界最大規模の鉄道博物館であるイギリス国立鉄道博物館、ヨークで一番有名でスイーツ好きが絶対訪れるヨークチョコレート・ファクトリーなど、観光名所が多く、数多くの観光客が訪れています。しかしながら観光のピークは数年前で、現在は落ち着きを取り戻し、さほど混雑はしていないので、街並を散策するのにいいのではないでしょうか。※少し補足ですが、イギリスは1つの国として捉える人が多いですが、実際には、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国で構成されており、国境やそれぞれの国で議会があり、異なった法律が存在するのが特徴です。

First of all, I would like to recommend York. Located in North Yorkshire in northern England, it has a long history with a population of about 200,000. A model of Diagon Alley, familiar from the world-famous Harry Potter series, in addition to museums and entertainment related to Viking, due to the historical background of being dominated by Viking, which was active between 800 and 1050. Chambles Street, York Minster, the largest Gothic architecture in the UK, the National Railway Museum, the largest railway museum in the world, York Chocolate Factory, the most famous and sweets lover in York, etc. There are many tourist attractions and many tourists visit. However, the peak of tourism was a few years ago, and now it is calm and not so crowded, so it may be a good place to stroll around the city. Although it is a little supplementary, many people think of the United Kingdom as one country, but in reality, it is composed of four countries, England, Scotland, Wales, and Northern Ireland, and there are parliaments at the borders and each country. , The feature is that there are different laws.

②イギリスでぜひおすすめしたい都市②『Edinburgh』

スコットランドの首都で、中世の町並みが広がるエジンバラ。ここは、歴史的な建造物が多く、スカートをはいた男性がスコットランド伝統楽器、バグパイプを演奏する光景や、エリザベス女王が毎年夏に訪れるといわれるホリールード宮殿、スコットランドの象徴とも言われるエジンバラ城など魅力的な観光地が多い一方で、暗い歴史があるメアリー・キングス・クローズと呼ばれるところもあります。16世紀前後のエジンバラでは、人口増加にともない、数多くの家が隙間がないくらいの間隔で建設された時代で、家同士が非常に狭く、通りも互いに近かった(=クローズclose)為、クローズと呼ばれる通りがたくさん存在します。また、16世紀以降のイギリスの経済不況を受け、エジンバラでは貧困の差が拡大し、富裕層は建物の上層部に、貧困層は下層部に住み、貧困層が住む地下都市が生まれたといわれております。そしてエジンバラは丘状の地形のため、多くの坂が見られ、下水設備のなかったこの時代、生活排水がすべて路上に流されたといわれております。その為、坂を下って不衛生な水が貧困層エリアに流れ込み、ペストが大流行し、流行を食い止めるためにもそのエリアを人ごと埋めてしまったという暗い過去を学ぶことができる場所でもあります。

Edinburgh is the capital of Scotland and has a medieval townscape. There are many historic buildings here, such as the sight of a man in a skirt playing a traditional Scottish musical instrument, a bagpipe, the Palace of Holyroodhouse, which Queen Elizabeth is said to visit every summer, and the castle of Edinburgh, which is said to be a symbol of Scotland. While there are many popular tourist destinations, there is also a place called Mary King’s Close, which has a dark history. In Edinburgh around the 16th century, many houses were built at intervals with no gaps due to population growth, and the houses were very narrow and the streets were close to each other (= close close), so it was closed. There are many streets called. In addition, due to the economic recession in Britain after the 16th century, the poverty gap widened in Edinburgh, and it is said that the rich lived in the upper part of the building, the poor lived in the lower part, and an underground city where the poor lived was born. We are here. Due to the hill-like terrain of Edinburgh, many slopes can be seen, and it is said that all domestic wastewater was drained onto the road during this period when there was no sewage system. Therefore, it is also a place where you can learn the dark past that unsanitary water flowed down the slope into the poor area, the plague was outbreak, and the area was filled with people to stop the epidemic. ..

③イギリスでぜひおすすめしたい都市③『Glasgow』

スコットランド南西部に位置し、スコットランドでは最大の規模を誇るのがGlasgow。かつては造船の町として栄え、あのクイーンエリザベス2号も造船された立派な都市で、ロンドン、パリ、ベルリンについでヨーロッパで4番目に人口が多かったが、その後減り続け、現在は約58人前後になりましたが、それでも、ロンドンやエディンバラの次に観光客が多く、毎年約300万人の人が足を運んでいると言われています。そんなグラスゴーで見逃せないのが、1888年のグラスゴー国際博覧会の会場として建てられた建物を利用したケルビングローブ美術館。その人気の秘訣は、実に8,000以上のコレクションを展示しながらも、入場料が無料で、日によってはパイプオルガンの演奏も行っている点にあります。実際私が訪れた時も、動物の剥製、スコットランドに伝わった家具、絵画、彫刻、ダリの傑作『十字架の聖ヨハネのキリスト』、エジプト文化にまつわるものなど、展示数が非常に多く、スコットランド、また世界について学ぶことができるので、家族連れで来場されているかたが多いのが印象的でした。

Located in southwestern Scotland, Glasgow is the largest in Scotland. Once a prosperous shipbuilding town, Queen Elizabeth 2 was also a magnificent city, the fourth most populous city in Europe after London, Paris and Berlin, but has since continued to decline and is now around 58 people. However, it is said that the number of tourists is second only to London and Edinburgh, and about 3 million people visit every year. What you can’t miss in Glasgow is the Kelvingrove Art Museum, which was built as the venue for the 1888 Glasgow International Exhibition. The secret to its popularity is that while exhibiting more than 8,000 collections, admission is free and, depending on the day, pipe organs are played. In fact, when I visited, there were a lot of exhibits such as stripped animals, furniture, paintings, sculptures from Scotland, Dali’s masterpiece “Christ of Saint John of the Cross”, and things related to Egyptian culture. It was impressive that many people came with their families because they could learn about the world.

④イギリスでぜひおすすめしたい都市④『Highlands』

次におすすめしたいのが、自然好きにはたまらない、トップオブザネイチャーと呼ぶにふさわしい、ハイランド地方。スコットランドの北部に位置し、イギリスの中でも大自然を味わうことができるエリアで、運が良ければですが晴れの日には辺り一面青空が広がり、険しい山を駆け巡る風を肌で感じることができ、地方特有のホスピタリティー、地元の人のあたたかさ、スローライフなど、感じることができます。私はツアーに参加して、ハイランド地方を周遊しましたが、そのなかでもおすすめなのが、イギリス最大の淡水湖、ネス湖。実はここ、あるものでとっても有名なのですが、ご存じの方はいらっしゃいますか?実は・・・・日本でもお馴染み伝説の怪物で、未確認生物とされているネッシーが相次いで目撃された湖なんです。20世紀最大のミステリーとも言われていますが、ネッシーにまつわる写真や映像などの記録が数多く残されており、ネッシーを見に訪れる人もおおいとか。周辺地域では、ネッシー関連のお土産を買うこともできるので、よければ行ってみてください。

Next, I would like to recommend the Highlands region, which is irresistible for nature lovers and deserves to be called the Top of the Nature. Located in the northern part of Scotland, it is an area where you can enjoy the great outdoors in England. If you are lucky, the blue sky will spread all over the area on a clear day, and you can feel the wind running through the steep mountains. You can feel the hospitality peculiar to the region, the warmth of the locals, and the slow life. I took a tour and toured the Highlands, and I recommend Loch Ness, England’s largest freshwater lake. Actually, it’s very famous here, but do you know anyone? Actually … It’s a lake where Nessie, a legendary monster familiar in Japan and an unidentified creature, was witnessed one after another. It is said to be the greatest mystery of the 20th century, but there are many records of Nessie’s photographs and videos, and many people come to see Nessie. You can also buy Nessie-related souvenirs in the surrounding area, so please go if you like.

⑤イギリスでぜひおすすめしたい都市⑤『Liverpool』

私が、個人的に大好きな都市、リバプール。リバプールと言えば何といっても、今でも絶大的な人気を誇る、あの伝説のバンド、ビートルズが誕生した町として有名で、ビートルズファンが必ず行くと言われている観光都市のひとつです。ロンドンから電車で約2時間ほどで行くことができ、日帰り旅行も可能ですが、リバプールには、リバプール大聖堂、モダンアートが並ぶテートリバプール、リバプール博物館、ビートルズが名残のストリート、マシューストリート、ビートルズが何百回も通い演奏したといわれるキャヴァーンクラブなど見所が多く、2日は滞在したいところです。また、観光地周辺のお土産屋では、ビートルズ関連のグッズがならび、キーホルダー、ポストカード、枕、鞄、Tシャツ、靴下、マグカップ、皿、お菓子など、ビートルズ一色で染まっているお土産屋も少なくありません。また、観光客に人気の港エリア、アルバートドックではビートルズの像がたっており、すぐ横でビートルズの曲をパフォーマンスするストリートミュージシャンもいるので、ビートルズに浸ってみるのもいいのではないでしょうか。また、このアルバートドックは美術館やカフェが密集するエリアであり、夜になると、煉瓦や石で作られた英国初の構造物である建物がライトアップされ、いっそうおしゃれな町に一変するので、夜の散策も外せないエリアでもあります。

Liverpool, my personal favorite city. Liverpool is one of the tourist cities that Beatles fans are sure to visit, as it is famous as the birthplace of the legendary band The Beatles, which is still extremely popular. It’s about a two-hour train ride from London, and day trips are possible, but Liverpool has Liverpool Cathedral, Tate Liverpool with modern art, the Liverpool Museum, the Beatles-remaining streets, Matthew Street, and The Beatles. There are many attractions such as the Cavern Club, which is said to have played hundreds of times, and I would like to stay there for two days. In addition, at souvenir shops around tourist spots, there are souvenir shops that sell beetles-related goods, such as key chains, postcards, pillows, bags, T-shirts, socks, mugs, plates, and sweets. Not a few. Also, there are statues of the Beatles in the port area, Albert Dock, which is popular with tourists, and there are street musicians who perform Beatles songs right next to them, so it might be a good idea to immerse yourself in the Beatles. In addition, this Albert Dock is an area where museums and cafes are crowded, and at night, the building, which is the first structure in the UK made of brick and stone, is lit up and transformed into a more fashionable town, so at night It is also an area where you cannot miss a walk.

【番外編②】マニアックな国を紹介[Extra edition] Introducing maniac countries


■以上、ワールドトラベルジャーナリストのYUICHIRONYJPでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中